ふしぎなwitchcraft

評論はしないです。雑談。与太話。たびたび脱線するごくごく個人的なこと。

不毛なる2018年上半期映画ベスト(仮)

f:id:kuro_matsu2023:20180629121704j:plain

上画像は全く関係ないです。推しです。小坂マジ最強。パない。

2018年も早くも半分が終わり、ああ、もうすぐ年の瀬に近づくのか、と呑気したいところですが、そうは上手くいかないのが現実で、楽しい時間だけが過ぎていったら、あっちゅうまやのに、と思うものの、そうは上手くいかないのが現実。

毎年この時期になると、「上半期ベスト」なんてまあ自分もやっちゃうものなんですが、どうせ年末になるとコロリと意見も変わっちまうのが常ですし、そもそもこういうなんちゃらベストなんて銘打ってを決めるのも、不毛の極みなのではないだろうか、とか昨年あたりから猛烈にこの手の傾向に白々しい気分が湧いてきましたので、気乗りはしていないのですが、それでもわざわざ「(仮)」とまで書いてやるのかといえば、単純に物覚えが激しいからであるからでして、なので、これは備忘録です。タイトル詐欺も甚だしい。

しかし、今年のこれは自分にとっていい傾向なんじゃないか、と思うのは、毎年「ああ、これ見なきゃ、あれも見なきゃ」という焦りに、感情全体が追い立てられる(誰も追い詰めてなんかいないのだけれど)ことが、かなり減ったというところでしょうか。

ネットフリックスなどのサブスク系は、2月あたりからついぞ最近まで一旦契約を切っていたので、全く追っていないけど、無理に見なくても、まあどうせ自分が死ぬまでに見れる者なんか限度が知れてるし、自分が何か映画を見たりすることで、社会的な還元は何一つ行われていないわけで、とか考えると、色々どうでもよくなる感じがある次第でございます。

そのかわり、余剰な時間を、古い映画に費やしたり(最近はカウリスマキを繰り返しまた見ています)、柳家喬太郎師匠の名演集を片っ端から聴いたり、読むのが遅い癖に本を買って本棚を1つまた増やしてしまったり、とまあまあこれまた呑気な心持になれているので、わざわざなにか新しいものもなあ、という気力もそこまで湧かぬのですが、こうして人は着々と老害への道を一歩一歩確実に歩んで、世の中との折り合いがつかぬようになるのでしょうね。

というわけで、以下はそんな時差ボケ寝坊助グウタラ三昧のデタラメ野郎が、数少ない中でも「ああ、よかったなあ」と映画でございます。

所詮、備忘録ですので、あしからず。

1.パディントン2

f:id:kuro_matsu2023:20180629120014j:plain

2.万引き家族

f:id:kuro_matsu2023:20180629115444j:plain

kuro-matsu2023.hatenadiary.jp

3.スリー・ビルボード

f:id:kuro_matsu2023:20180629120133j:plain

4.虎狼の血

f:id:kuro_matsu2023:20180629120103p:plain

5.勝手にふるえてろ

f:id:kuro_matsu2023:20180629115810j:plain

6.クワイエット・プレイス

f:id:kuro_matsu2023:20180629120301j:plain

kuro-matsu2023.hatenadiary.jp

7.フロリダ・プロジェクト

f:id:kuro_matsu2023:20180629115728p:plain

kuro-matsu2023.hatenadiary.jp

8.ファントム・スレッド

f:id:kuro_matsu2023:20180629120432p:plain

9.犯罪都市

f:id:kuro_matsu2023:20180629120616p:plain

10.デッドプール2

f:id:kuro_matsu2023:20180629115621p:plain

11.恋は雨上がりのように

12.焼肉ドラゴン

13.ブリグズビー・ベア

14.アイ、トーニャ

15.バーフバリ 王の凱旋

16.君の名前で僕を呼んで

kuro-matsu2023.hatenadiary.jp

17.ワンダー

18.ピーターラビット

19.レディ・バード

20.アイ・トーニャ

次点:インフィニティ・ウォー(まだ前編のみなので)、バーフバリ/王の凱旋、モリのいる場所女は二度決断する

傾向とか考えても見たんですが、なんでしょうかね。ざっくり「(疑似)家族」「ごっこ遊び」ものが多いような。変態性はあまりないです。あと、やくざ映画はあの2本でお腹いっぱいなくらいですが、『名もなき野良犬の輪舞』も迷いました。『バーフバリ』はとても楽しい娯楽だったのですが、見たのが日本帰りの飛行機だったので、この順位に。下半期はドラマを一気に消化したいと思っています。『ウエストワールド』のシーズン2は続きが気になって仕方がない。

 

おしまい