欅坂46『サイレントマジョリティー』『世界には愛しかない』『二人セゾン』

春に出会って、冬に去る、ふたりの季節

ブログを始めるにあたって(飽き性なので続くかわからない)、何を書こうかしら、と考えて、いくつか考え『マスター・オブ・ゼロ』『ファーゴ』『ストレンジャー・シングス』『黙約』『ハライチのターン』『よつばと! 12巻』などについての下書きをメモが程度に残しておいたのだが、そういえば、と自分が好きなグループの曲を思い浮かべ、このタイトルになっている。

(尚、いかんせん見切り発車でやっている、テスト版のような段階なので、書き足りなくて、またクドクド似たようなことを『~ Part 2』なんて題をつけて書いちゃうかもしれないが、そのときはどうか大目に見てやってください)

 

 

そもそもなぜ欅坂46を追うようになったのか、から始めるべきなのだろうが、初めはぶっちゃけた話、多くの人と同様に、「乃木坂46のおまけグループ」程度にしか見ていなかった。かつてAKBに対する乃木坂がそうであったように。しかも、元々「鳥居坂」なる名前だったのに、急に今のグループ名に変更になったもんだから、当初は当事者の女の子たち同様、受け手もかなり混乱してしまい、少々冷めた目で見てしまっていた。

 

だが、どうだろうか、蓋を開けてみれば、まるでセンターになるべくして生まれてきたような平手友梨奈という破格の逸材が現れ、デビューシングルの『サイレントマジョリティー』はアイドルソングとしてはこれまでにないほどフレッシュで、センセーショナルな、それまでのものとは一線を画した社会の写し鏡のような1曲になり、多くの人を惹きつけていった。乃木坂46制服のマネキン』でも同様の試み見放されていたのだが、ここまでコンセプトを明確に提示して、楽曲単体のクオリティだけでなく、そこに時代と接続された世界観を共有することで、圧倒的な支持を得た。

おそらく、そのイメージがいまだに強いのであろう、未だに欅坂をテレビや音楽雑誌等で取り上げられると「笑顔がない」「思春期の苛立ち」「革命」「反抗」といった枕詞が付く。もちろんそれらは、欅坂側が打ち出してるコンセプトの1つではあるけれども、決してそんな単純なものではない。

 

(ここでは『欅って、書けない?』やアイドル雑誌のインタビュー等で見られた、ここに書くには濃厚すぎる道程は省くとしても、ダンスの未経験者が多い「普通の女の子たち」から芸能界に脚光を浴びる状態で放り出されたような少女たちにとって、多くの葛藤があったに違いない。と、まあそういった物語は、気になった方々が各自様々な媒体で知ってもらうとしましょう)

 

こちらもさっさと本題に戻りたいので、時間を進めるとして、その次に発売された2ndシングル『世界には愛しかない』もすごかった。それは『サイレントマジョリティー』とは打って変わったもので、まさかデビュー間もないアイドルを使って、ポエトリーリーディングをやらせるなんて誰が想像できただろう。神に選ばれたとしか思えない一言一言に想いが籠る声を持った平手の瑞瑞しさ、途中から『乗り遅れたバス』に乗って加わった長濱ねるのキュートさ、今泉や渡辺といったメンツのまばゆいきらめき、志田と鈴本が見せる青春の憂い。それらがMVにパッケージされて、どっと僕の胸に押し寄せ、最初はクラクラしてしまった。乃木坂『君の名は希望』というJポップ史上屈指の名曲とは全く別のベクトルで、自分の暗かった青春に未来から光をもたらしてくれたのだ。

 

www.youtube.com

 

 

そして発売された3rdが『二人セゾン』である。

正直、最初はあまりピンと来なかった。どうしても前2曲のインパクトが凄まじく、どうも平凡な楽曲に聞こえてしまっていた。先ほどに挙げた「反抗」のようなコンセプトを自分は知らず知らずのうちに求めていたのであろう。

しかし、植物が土から水を徐々に吸い上げていくように、段々聴いていくうちに、楽曲に込められた様々なエッセンスが体の隅々に沁み込んでいくような気がしてきた。MVの彼女たちを包み込む秋の柔らかい日差しと、そこに浮かぶ一瞬の微笑みに美しい永遠が見える(新宮良平さんの仕事が的確なんですよね)。誰もが普遍的に美しい瞬間を、慈愛に満ちた美しいストリングスでまとめ上げ、永遠として歌い上げる。あのやさしさに溢れた上品なストリングで涙をこらえるのに大分苦労させられる。

いつか、小池美波さんの『二人セゾン』歌詞朗読をボーナスディスクとして出してほしいな。

 

 

 

 

「二人セゾン」の強度をバツグンなものにたらしめてるのは、そこで紡ぎだされる普遍性そのものではないだろうか。

その普遍性ゆえにたった4分の曲が様々な物語を語るコードになる可能性すらあるように思えてくる。実際に『ラ・ラ・ランド』なんかはほとんど同じタイミングで、全く同じ内容をやっていた、過言ではないし、もう少しさかのぼれば『溺れるナイフ』のあのラストなんかは完全に『二人セゾン』として物語を閉じているのだ。青春を肯定し、その未来を祝福する。小沢健二『流動体について』やBase Ball Bear『逆バタフライエフェクト』も共通するテーマを有している。台湾ニューシネマの傑作群もそうかな。どこまでも瑞瑞しくてエネルギーに満ち溢れた、宮沢賢治の詩のようでもある。

 

 

f:id:kuro_matsu2023:20171027182042p:plain

この勢いのまま『不協和音』『風に吹かれても』を雑語りしそうなんですが、これ以上読んでくださってる方の目を駄文で汚してしまうのは憚られるところでもあるので、せいぜい今晩の献立でも考えながら、iPod片手に散歩にでも。

 

それでは何卒これからもよろしくお願いいたします